BRIDAL EPISODE レキシアブライダルエピソード

 Episode3.

海を越え、世代を越えて伝えていく二人の物語。

2007.12.01 | 名古屋栄ラシック店

 
それは昨年の春のこと、名古屋栄ラシック店に仲睦まじいカップルがご来店されました。お二人とも外国の方ですが、日本語がとても堪能でいらっしゃるので、まるで日本人のお客様に接しているようでした。お話をうかがいますとお二人は中国の方で、それぞれ河南省、四川省から留学生として来日。8年前に広島県の日本語学校で出逢ったことがきっかけでお互いに愛を育み、この春、ついにご結婚されるとのことでした。言葉や文化の壁を少しずつ乗り越えながら日本の学校で学んだ8年間。それは長いようであっという間に過ぎていった素晴らしい日々だったそうです。秋に帰国することが決まったとき、お二人は故郷の中国ではなく、お二人が出逢い、固い絆で結ばれた日本の地で結婚式を挙げると決めたのでした。「結婚式だけでなく、エンゲージウォッチも大好きな日本で選ぼうと思ってここへ来たのです」というお二人のひと言に感動した私は、日本での思い出をいつまでも刻み続けるようにと、誠心誠意、お品選びのお手伝いをさせていただきました。お二人はご成約になったロレックスを将来、お子様やお孫様の代まで受け渡していきたいとの願いから、帰国後のメンテナンス体制を心配されていました。私がロレックスの上海サービスセンターをご紹介いたしますと大いに安心されたご様子でした。日本はもちろん、世界中で愛されているブランドだからこそ、自信を持って安心と信頼を約束できる。そんなロレックスに改めて感動しました。お二人が帰国されてから早くも1年近くの月日が過ぎましたが、今でも自分がご紹介させていただいたロレックスが、海を越え、世代を越えて愛用されていくと思うと温かな気持ちになります。いつまでもお幸せに・・・。お二人の人生に幸多かれと願わずにはいられません。

EPISODE TOP

このページのトップへ