ESSAY

第5回 佳作

もう一つの母の顔

瀬川 早絵 様 (北海道)


 「ここがお母さんが通っていた学校だよ」
 家族で母の実家を訪れていた夏休み、母が私を手招きして呼んでいた。
「いい所に連れて行ってあげる」そういう母に、私はとことこついて行った。
どこへ行くんだろう?そこは、母が通っていた高校だった。
今まで何度も母の実家には来たことがあったが、学校に連れて行ってくれたことはなかった。
母も卒業以来来たことはなかったらしい。
「懐かしいなぁ」
そういいながらどんどん校舎に入っていく母。
「ちょっと、待ってよ!入って怒られない?」
不安がる私を尻目に、
「大丈夫、大丈夫!だって卒業生だもの」
楽天的な母が大きく腕を振りながら言った。
「ここだったかなー、高3の時の教室。どこ座ってたっけ」
席に座りだす母。
「えー!それはだめだよー!」
「体育館!お母さんバレー部だったんだよ」
転がっているボールで遊び出す母。
「ウソー?!だって小さいじゃん!」
「音楽室懐かしいわぁ。放課後よくここで友達と喋ったなぁ。みんな元気かな」
「やっぱ見つかったら嫌だからね、静かにね」
職員室の前をコソコソ走る母。苦笑する私。
 グラウンドから聞こえてくる野球部の掛け声。
「お母さんね、野球部の男の子のこと好きだったの。告白できなかったんだけどね」
そう呟く母の横顔が一瞬違って見えた。そう、それはいつもの「母親」の姿ではなかった。
私と同じ、高校生の母だった。
家事も仕事もなんでもテキパキこなす母は、私にとって本当に完璧な母で、
だからそんな母にも赤ちゃんの頃があって、私と同じ高校生の時代があって、
それで今の母があるっていうこと、そんなあたり前なこと、思ったこともなかった。
なんだか嬉しくなった。じゃあ私も母みたいになれるかもしれないって。
「さえももう、高校卒業だもんね。早いもんだね、ついこの間小学校だったかと思えば。
大人になっちゃうんだね」
だからお母さん、私をここに連れてきてくれたの?
「どこに行って来たんだ?」家に帰ると、父が尋ねてきた。「ん?ちょっとね、内緒」「なんなんだ?」
母が新たな一面が見れたこのひと時を私は忘れない。
これからも、いろんな顔を私にも見せて欲しい。
母は私の憧れの人だから。そんな風に、なれるように。

ESSAY TOP

このページのトップへ