OVERHAUL EPISODE レキシア オーバーホールエピソード

 Episode1.

まさか動くなんて・・・。
時を超えて甦る、お父様との日々。

ある日、ひと組のご夫婦のお客様がご主人様のロレックスのメンテナンスにご来店されました。時計をお預かりし、ブレスレットのサイズ調整を行っている間、1本の時計を幾世代に受け継ぎ、愛用していくことができるロレックスの 素晴らしさをお客様と語り合っていました。その会話の中で奥様が、ふと思い出したように、数年前にお亡くなりになったお父様もロレックスを愛用されていたことを語り始めたのです。
 
「そのお父様の時計は、今どうされているのですか?」と伺いますと、「もう動いていないので、母が遺品として大切に保管しています」とのこと。「オーバーホールをされたことはありますか?」とお聞きすると、「古い時計ですし、もう壊れていると思います。オーバーホールしたこともありません」とおっしゃいました。お父様のロレックスは、ご息女である奥様が中学生の頃から愛用され ていたモデルでした。「拝見させていただかないと、はっきり申し上げることはできませんが、お父様の時計はオーバーホールをすれば、また動くかもしれませんよ」。この言葉を耳にされたとき、奥様の表情がみるみる明るくなりました。数日後、奥様がご持参されたロレックスは長い年月を経たモデルでした。すぐにオーバーホールに出してみましょう、との運びになりました。そして2カ月後、奥様が手にされたお父様のロレックスは、時を超えて往時の性能と輝きを取り戻していました。「まさか動くなんて・・・。父の時計は生き返ることができたんですね」。あたかもお父様に再会したかのような、奥様の満面の笑顔を私は今でも忘れられません。

EPISODE TOP

このページのトップへ