1. レキシアのロレックス
  2. World of Rolex
  3. CITIZEN OF THE DEEP
CITIZEN OF THE DEEP

オイスター パーペチュアル シードゥエラー

CITIZEN OF THE DEEP

1967年、ロレックスはより長時間の水中任務への課題に対応するために、オイスター パーペチュアル シードゥエラーを製造した。シードゥエラーは飽和潜水のために特別に設計された。ヘリウム排出バルブにより、浮上時の減圧に耐えることができ、深海探査の最終段階である、海面への帰還の際の問題を克服する。

1967年の発売当初は水深610 m(2,000フィート)まで、1978年からは1,220 m(4,000フィート)までの防水性能を<wbr>保証するシードゥエラーは、現代のダイバーズウォッチの特性をすべて備えている。<br><br>1969年にNASA、アメリカ海軍、アメリカ政府が共同で開始したプログラム、テクタイトの一環として、実際の<wbr>環境条件下でテストするためにシードゥエラーは水中居住空間での初の大規模実験に採用された。

1967年の発売当初は水深610 m(2,000フィート)まで、1978年からは1,220 m(4,000フィート)までの防水性能を保証するシードゥエラーは、現代のダイバーズウォッチの特性をすべて備えている。

1969年にNASA、アメリカ海軍、アメリカ政府が共同で開始したプログラム、テクタイトの一環として、実際の環境条件下でテストするためにシードゥエラーは水中居住空間での初の大規模実験に採用された。

ダイビングの新しい顔

1960年代に、いわゆる「飽和」潜水により深海に長時間留まることが可能となった。ダイバーが水中で作業する際の圧力を再現するために加圧された部屋に彼らを収容する方法である。これにより、減圧プロセスはミッション終了時に一度だけ行えばよい。

このプロセスは時計にダメージを与える可能性がある。ダイバーはヘリウムを主成分とする混合ガスで呼吸するが、その極めて小さな原子がケースに侵入してしまうのだ。海面に戻る際、閉じ込められたヘリウムが、過剰内圧の状態を引き起こし、時計にダメージを与えてしまうことがある。

ダイビングの新しい顔
ヘリウム排出バルブで減圧を制する

ヘリウム排出バルブで減圧を制する

この問題を解決するために、1967年、ロレックスはヘリウム排出バルブを搭載したダイバーズウォッチ、シードゥエラーを発表した。ヘリウム排出バルブはケースにねじ込まれており密閉シリンダー、ピストン、ガスケット、スプリングで構成され安全バルブとして機能する。ケース内部の圧力が高まりすぎると自動的に開き、ヘリウム原子を排出する。

あらゆる場面での視認性

あらゆる場面での視認性

ロレックス独自のクロマライト ディスプレイは、いかなる状況でもシードゥエラーに最適な視認性をもたらす。アワーマーカー、針カプセル、ベゼルには、従来の燐光体と比べて2倍長く、暗闇で強いブルーの光を放つ長時間継続の発光素材が手作業で充填またはコーティングされている。

強化された防水性能

強化された防水性能

シードゥエラーはトリプロックリューズを備えている。このねじ込み式リューズは、1970年に考案され、3つの密閉箇所で構成されている。これによりシードゥエラーの43mmオイスターケースの不浸透性が強化される。そのミドルケースは極めて耐蝕性に優れた合金であるオイスタースチールの塊から製造されている。

海の住民のための時計

シルビア・アールのような探検家や海洋学者、そしてデヴィッド・デュビレなどの水中写真家たちは、海洋の保護に尽力し、それが私たちの最も貴重な財産であることを知っている。彼らは、その情熱と献身を映し出すシードゥエラーを身に着ける。

ロレックスはまた、1971年よりコメックス社(Compagnie Maritime d'Expertises)とパートナーシップを結んでいる。何十年にわたりシードゥエラーは水中工学、技術、探査を専門とする、このフランス企業のダイバーたちに装備されてきた。

海の住民のための時計

シードゥエラー コレクションをご覧ください。

ロレックス ウォッチは、正規品販売店でお買い求めください。豊富な経験と専門知識をもつ正規品販売店ではお客様にとって最適なロレックスをお求めいただけるようお手伝いいたします。

ROLEX