1. レキシアのロレックス
  2. World of Rolex
  3. 移動時間を制する
移動時間を制する

オイスター パーペチュアル スカイドゥエラー

移動時間を制する

エレガントで技術的に洗練されたオイスター パーペチュアル スカイドゥエラーは、地球を飛び回る人々のために設計されている。サロス年次カレンダーとリングコマンドシステムを備え、2つのタイムゾーン、日付、月を同時に表示し、それらはシンプルな操作のみで設定できる。

2012年の誕生以来、スカイドゥエラーは、世界を国境のない1つの領域と見なす人々のための時計である。<wbr>この時計により、旅行者は時差の落とし穴を避け、常に一歩先を行くことができる。

2012年の誕生以来、スカイドゥエラーは、世界を国境のない1つの領域と見なす人々のための時計である。この時計により、旅行者は時差の落とし穴を避け、常に一歩先を行くことができる。

一目で読み取れる第2タイムゾーン

スカイドゥエラーは、ローカルタイムとともに、第2タイムゾーンを中央の針で同時に表示する。この第2タイムゾーン(ホームタイム)は、24時間目盛り入り回転ディスク上の視認性の高い赤い小さなトライアングルにより表示される。スカイドゥエラーの象徴的な要素であるこのオフ・センターディスクにより、昼夜の時間を明確に区別できる。地球の裏側へ旅する人々にとって不可欠な機能である。

一目で読み取れる第2タイムゾーン
革新的で直観的な年次カレンダー

革新的で直観的な年次カレンダー

スカイドゥエラーのために特別に開発され、特許を取得したサロス年次カレンダーはこのモデルのアイデンティティにおける主要な特徴だ。この機構の名前と革新的な設計は、月食と日食の周期を表すギリシャ語からインスピレーションを得ている。

ROLEX GMTマスター Ⅱ

サロス年次カレンダーは、月間30日と31日の月を自動的に区別する。年に1回、2月から3月に変わる際にだけ手動で日付の調整が必要となる。直感的で読み取りやすい。現在の月は、ダイアルのアワーマーカーの外周に配された12個の小窓のひとつに、赤色で示される。

時計製造の革新技術により、ロレックスの日付カレンダー機構に2つの歯車比と4つの歯車を追加するだけで実現している。この基本的な構造が、サロス年次カレンダーに比類なき信頼性を提供している。

リングコマンドシステム:コントロールされた時間

リングコマンドシステム:コントロールされた時間

ロレックスが開発、特許を取得したリングコマンドシステムは回転ベゼル、リューズ、ムーブメントを連動させる革新的な機構だ。リューズで調整する前に、スカイドゥエラーの異なる機能を簡単に、素早く、安全に選択できる。

操作しやすい仕様となっているフルーテッドベゼルを反時計回りに回転させることで、着用者は設定したい機能を選択できる。ベゼル位置I:月と日付 ベゼル位置Ⅱ:ローカルタイムベゼル位置Ⅲ:ホームタイム

真のグローバルトラベラーのために

世界中を飛び回るゴルファーやセーラー、馬術選手は、目的地や移動距離に関わらず、常に準備を整えておかなくてはならない。

スペイン人ゴルファーのジョン・ラーム、ブラジル人スキッパーのロベルト・シェイド、そしてアメリカ人障害馬術騎手のケント・ファリントンはスカイドゥエラーを愛用しているロレックス テスティモニーだ。

真のグローバルトラベラーのために

スカイドゥエラー コレクションをご覧ください

ロレックス ウォッチは、正規品販売店でお買い求めください。豊富な経験と専門知識をもつ正規品販売店ではお客様にとって最適なロレックスをお求めいただけるようお手伝いいたします。

ROLEX