1. レキシアのロレックス
  2. World of Rolex
ロレックスと全英オープン:最も歴史あるゴルフのメジャー大会

Rolex and Golf

ロレックスと全英オープン:最も歴史あるゴルフのメジャー大会

7月の第3週にイギリスで開催される全英オープンは、男子4大メジャー大会の4番目で最終戦となるトーナメントだ。1981年からこの大会に関わってきたロレックスは今では、ゴルフ界の特別なパートナーとなっている。

この Youtube ビデオを表示するには、クッキーの同意が必要です

同意する

ロレックスとゴルフのパートナーシップは、1967年にアーノルド・パーマーがこのスポーツの最初のテスティモニーとなったときに始まった。それ以来、ロレックスはオフィシャルタイムキーパーを務め、多くの一流の大会や関係者の主要なパートナーとなっている。

1860年に初開催された全英オープンは、毎年イギリスの異なる歴史的なコースで順番に開催されている。この大会は第151回大会はロイヤルリバプール・ゴルフクラブで開催される。

The Open

名高いコース

アイリッシュ海の沿岸に位置するこのコースでは、1897年にこの最古のゴルフ大会が初開催され、会場となるのは今年で13回目となる。2006年にはロレックス テスティモニーのタイガー・ウッズがここで3度目の全英オープン優勝を果たした。

名高いコース

息づくエレガンスと伝統

全英オープンは、海沿いに位置し、砂地で、ウォーターハザードや樹木が少ないリンクスコースで行われるのが通例である。不安定な天候のため、毎年この大会に出場する156人の選手には、激しい雨や突風、さらには熱波の可能性も考慮し、闘志と自制心、そして謙虚さが求められる。

忘れられない瞬間

全英オープンは、その独自の軌跡や戦いが繰り広げられるコースの美しい自然、そして豊富な知識を持つファンと共に、世界のスポーツの歴史に永遠に刻まれる。1920年代のボビー・ジョーンズとウォルター・ヘーゲンの対決から、1977年のトム・ワトソンとジャック・ニクラウスの戦い、2006年に3度目のトロフィーを獲得したタイガー・ウッズの涙など、印象的な出来事の舞台となってきた。

忘れられない瞬間
ロレックスとゴルフ:半世紀以上にわたるパートナー

ロレックスとゴルフ:
半世紀以上にわたるパートナー

ロレックスは、伝統への敬意、責任、技術的精度、エレガントな動作、卓越へのあくなき追求、未来の世代への献身といった共通の価値観に基づき、ゴルフとの特別な関係を築いている。

現在、ロレックスとゴルフのパートナーシップは、運営団体や世界ランキング、国際的なゴルフ界の著名人、メジャー大会や世界ツアー(男子・女子ともに、プロ、アマチュア、シニアジュニアレベル)など、多くの分野へと広がっている。

さらにロレックスは、DPワールドツアーの最高峰のトーナメントであるロレックス シリーズ、全米女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアーで最も優れた女子ゴルファーを表彰するロレックス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー、シーズン中に最も活躍した18歳以下の少年少女を表彰するロレックス・ジュニア・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーなどの創設も支援している。ロレックスは間違いなく、「ゴルフ界のパートナーウォッチ」となっている。

ロレックス テスティモニーと全英オープン

ロレックス テスティモニーと
全英オープン

ロレックス テスティモニーのゴルファーたちの中には、ゲーリー・プレイヤー、アーノルド・パーマー、ジャック・ニクラウス、トム・ワトソン、タイガー・ウッズ、ジョーダン・スピースフランチェスコ・モリナリ、コリン・モリカワといった、全英オープンを制した者もいる。

幅広いバリエーションの
ロレックス コレクションをご覧ください。

ロレックス ウォッチは、正規品販売店でお買い求めください。豊富な経験と専門知識をもつ正規品販売店ではお客様にとって最適なロレックスをお求めいただけるようお手伝いいたします。

ROLEX