1. ロレックスの世界

ロレックスと
ウィンブルドン選手権

1978年にロレックスは、初めてウィンブルドン選手権とパートナーシップを結んだ。世界で最も歴史あるこのテニストーナメントは、ローンテニスの聖地であり、この競技の原点である。そして、アスリートが伝説になる場所でもある。

Published on 2024年6月28日

ロレックスはオフィシャルタイムキーパーを務めており、また、すべての一流トーナメントの主要なパートナーのひとつでもある。かつてないほど世界が注目していたスポーツにロレックスが初めて関わった1978年、ウィンブルドン選手権でそのストーリーは始まった。

ロンドン南西部にあるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブは、1877年の第1回大会以来、ウィンブルドン選手権を主催してきた。世界で最も歴史あるテニストーナメントであるウィンブルドンは、テニスの本場であり、グラスコートの聖地である。

テニスの伝統の殿堂

15,000人の観客を収容するセンターコートの選手入場口の上には、ラドヤード・キップリングの詩「If」から、次の一節が記されている。
もし君が、
栄光も挫折も
虚像として等しく
扱えるならば

AELTC

この一節に大会の理念が要約されている。ウィンブルドンでは、スポーツの偉大さは勝利にあるのではなく、チャンピオンの謙虚さと忍耐にあると考えるからである。

ウィンブルドン

決戦の舞台

センターコートで行われるウィンブルドン決勝戦の激しさは、テニスの歴史における特別な瞬間として、記憶に残ることになる。ロッド・レーバーとジョン・ニューカム、ビョルン・ボルグとジョン・マッケンロー、クリス・エバートとマルチナ・ナブラチロワ、ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルなどの間で繰り広げられた壮絶な戦いは、ウィンブルドンそして世界のテニスの伝説となった。

この前例のないレベルのスポーツの卓越性が、ロレックスの価値観と共鳴し、自然な流れで全ての主要なテニス大会とのパートナーシップを築いてきた。

フェデラー

ロレックスとテニス:約50年のパートナーシップ

ロレックスは卓越へのあくなき追求、精度と革新への切望、ムーブメントの正確さ、揺るぎない努力、伝統への敬意、個人の限界を常に超えようとする意欲といった共通の理念に深く根ざした、テニスとの特別な関係を享受してきた。

ロレックスは、長年にわたってテニスとの関わりを広げ、男女ともに世界的なテニス大会のプレミアムパートナーとなった。

グランドスラムの全4大会、シーズンを締めくくるATPおよびWTAファイナルズ、格式の高いATPマスターズとWTA1000トーナメント、最高峰の国際団体戦であるデビスカップ、レーバーカップなど、主要な大会のほとんどをサポートしている。

ロレックス テスティモニーとウィンブルドン

ロレックス テスティモニーには、テニス界のレジェンドであるビョルン・ボルグやクリス・エバート、ステファン・エドバーグ、ガルビネ・ムグルサ、アンゲリク・ケルバー、男子シングルスで史上最多の8度の優勝を誇るロジャー・フェデラー、そして期待の新星カルロス・アルカラスなど、多くのウィンブルドンチャンピオンがいる。

ロレックス ファミリーのメンバーであるイガ・シフィオンテク、ヤニック・シナー、ココ・ガウフなどの今日の第一人者たちは、この重要なトーナメントの勝者となりこれらの偉人たちと名を連ねることを目指している。

テスティモニー

ロレックスとスポーツ

何十年にもわたり、ロレックスは文化、建築、探検、地球の保護を積極的にサポートしてきた。またスポーツの世界では、テニス、ゴルフ、馬術競技、スキー、セーリング、モータースポーツなど、多様なパートナーシップを築いてきた。ロレックスは、これらの競技の未来を永続させ、卓越性を推進するために、運営団体や競技会、そして実績あるチャンピオンから有望な選手まで、多くのアスリートたちと長期的なパートナーシップを結んでいる。

クロック